上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のNHK大河ドラマは「風林火山」。武田信玄に仕えた軍師
山本勘助が主人公のドラマだ。
20年近く前に中井貴一が主人公だった「武田信玄」も熱狂したが
私が一番好きな戦国武将が信玄なのだ。
この話はまた今度ということで、ドラマで流れているメインテーマもなかなか良い。
そして番組の最後にゆかりの地を紹介するのだがメインテーマが二胡の演奏で流れている。その演奏者はチェン・ミン。

チェン・ミンは中国・蘇州出身の二胡奏者で中国では女優としても活躍していたらしい。確かになかなかの美人だ。皆さんもCMやTV番組で聴いていることが多いと思う。6歳から音楽家の父親から演奏を学んだらしくなかなかの腕前だ。
私は今回改めてこの「風林火山」の迫力ある内容の後に何となく物悲しげな演奏に心を奪われてしまった。
興味のある方は一度彼女の演奏を聴いてみて欲しい。
とても心が落ち着く感じだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
小さい頃から見ていた大河、社会人になり子育てするようになってから忙しくて遠ざかってしまいましたが、一昨年の新選組!から復活(昨年は挫折しちゃったけど)。
今年の風林火山は最初から楽しみに見ています。メインテーマもタイトルバックもいいですよね。
ドラマの直後のゆかりの地を紹介するコーナー、私も大好きです。北海道には北海道の良さがあるけど、歴史の浅い町で生まれ育った私は、いつもこのコーナーを見る度に古い歴史のある街並みや建物や遺跡と共に暮らせる道外の地に憧れも感じます。その気持ちや直前まで見ていたドラマの雰囲気を壊さないチェン・ミンさんの演奏は凄くいいですね。
でも忙しくてまだ4日の放送は録画して見てないです。見るモノが溜まってく~
2007/02/07(水) 01:44 | URL | 寿甘 #WCSj23LI[ 編集]
寿甘さんこんにちは。
私も同感です。
北海道は函館が道外の雰囲気がありますけど、歴史は確かに浅いですよね。城の跡とか名所巡りをすると本とかで学んだ実感が湧いてきますよね。
ミツが死んでしまったのは予想外でしたが、勘助が怒りを糧に生きていく様を見ていくのは本当に楽しみです。
2007/02/07(水) 09:10 | URL | pira #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。