上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先ほど仕事から帰ってきたら爆笑問題の番組はヒートアップしていた。
「今から日米同盟を白紙に戻す」
これが賛成か反対かと言うことだった。
結果は15対9で反対多数で太田総理の案は否決となった。

充分予想できた答えだったが、太田光が主張していたことは心に響いた。
「戦争で犠牲になるのは自衛官だけで良いのか?それは違うんじゃないか?もし戦争になってしまったら自分は死ぬ覚悟は出来る。場合によっては自分が戦場へ行ったっていい。国民みんなが同じ立場じゃないとおかしいのではないか」と叫んでいた。
国民皆が何かを人に任せたり守られたりして本当の独立と言えないのではないかと主張していたと思う。もう1つは国民一人一人があいまいな事を言うのではなく責任ある言動をしなくてはならないということを真剣に主張していた。日米同盟を白紙に戻すと言うより日本のあるべき姿を話していた様に思う。

スタジオ出演の議員さんやタレントはTVの前なので無難な優等生の答えで終わったが、以外だったのは視聴者の投票はほぼ五分五分だったことだ。

さて、みなさんは人前できちんと自分の主張を述べられるだろうか?


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。