上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日二女がインフルエンザで寝込んでいたときに何か食べたいものはないかと尋ねたら「○清のカップヌードル」が食べたいと言ってきた。
体調も良く食欲も出てきたようなのでコンビニに行って買ってきてあげた。タミフルを飲んだ後どうもこれを食べる夢を見たらしい(良かったこんな夢で)

私の家に初めてカップヌードルがやってきたのは昭和45年ぐらいだったと思う。父が遅くに帰ってきて「こんな物を会社からもらってきた」と見せてくれ、家族全員で順番に手にとって見たものだ。

それまでいくらインスタントといえどもラーメンは煮て作るものだったわけで、お湯を入れるだけで完成するなど到底想像できはしなかった。
半ば夜食のように湯沸しから始まり、お湯を注ぎ、3分待って一口ずつ家族で食べた。そんな「カップヌードル」は感動の一品だった。

あれから約40年近くになるが今でもロングセラーの一品。ラーメンを語る上で欠かせない存在であることは間違いない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 大学時代、東京の共済会(今のキヨスク)の店先で初めて見た記憶があります。当時はそれがラーメン(ヌードル)だなんて想像もできませんでした。お菓子の一種?という印象でした。
 ラーメンの思い出は、○ちゃんのダブルラーメンを、夜食として初めて「一人でダブル」を食べて、なにか大人になったような気になりました。しょうもない思い出です。
2007/03/26(月) 18:04 | URL | karikino #-[ 編集]
昔、自販機で買えましたよね。ものすご~くかっこ良くて憧れました。
2007/03/26(月) 21:50 | URL | つぼ夫人。 #-[ 編集]
karikino殿。
一人でダブル=大人っていうのは
道民共通の経験かもしれません。
しかし大人でもダブルは多いという人もいるので=単なる大食いの部類かもしれません(笑)

つぼ夫人様。
今週は地獄の一週間です。
ただ今帰ってきました・・・

そうですね~、なぜ無くなったのか?
お湯の細菌の問題でしょうか?
どこかにまだありませんかね。
ホテルとか健康ランドとかに?
2007/03/26(月) 23:01 | URL | pira #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。