上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知人のPaul松殿からビリー・ジョエルのDVDを借りた。
私の会社の携帯の着信音はビリーの「ピアノマン」と言う曲。
何人かのメンバーも同じ着信音なので、社内で「ピアノマン」の音楽が鳴ると一斉に携帯を確認するのが何ともこっけいだ。

ビリー・ジョエルの思い出は意外と多い。
最初の出会いは「マカロニほうれん荘」というギャグマンガに
「ストレンジャー」の歌詞が出てビリー・ジョエルを知った。

やがて中学の英語クラブでの歌の時間に歌った「オネスティ」
素晴らしいバラードの傑作。失恋した時によく聴いた。

専門学校時代の合唱サークルでは男の先輩達と「ロンゲスト・タイム」をアカペラでカッコよく歌った。

DVDを見て思ったのはビリーも歳をとったなぁということだ。
そういう自分もこれらの思い出からもう20年以上も過ぎているというのに。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ビリージョエルは懐かしいね。
そういえばいっしょに英語クラブだったね。
洋楽は意外にもこのあたりから興味を抱きはじめたのかも。
アバもこの英語クラブで勉強したね。
教えてくれたO先生は元気なのかな?
2007/03/26(月) 01:19 | URL | さっぽろ・まさ #FBS4NHfE[ 編集]
覚えてなかったなぁ~(笑)
じゃあH氏もだったかなぁ。
確かにこの頃が何事も興味あったよね。
O先生もお元気だと良いね。
2007/03/26(月) 14:24 | URL | pira #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。