上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「さいは投げられた」
実に心に迫る言葉だ。

s-RIMG0013.jpg


二女の卒業式が終わって間髪いれず届いた一枚の葉書。
今度入学する学校はもう始まりを告げている。

何だか今自分が言われてみたい言葉だ。
もし新たな仕事をもらえたならそのスリルを味わいたい・・・
そんな今日この頃。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 私立中は春休み中に課題がたくさん出ますがいかがですか?Pの四中ものんたんの大谷中も入学前の春休みの間にたくさんの課題が出ます。またはガイダンスや講習なんていうところもありますね。あと四中は在学中に英検準二級(Pのときは三級。今は漢検もらしい)取得が義務付けられてます。大谷は特にありませんでしたが、のんたんは英検三級と漢検二級を取って卒業しました。検定は中学のときのほうが取り易いです。
2007/03/23(金) 11:22 | URL | つぼ夫人。 #-[ 編集]
のんたん恐るべし。
漢検2級はすごいです。

課題はたくさん出ているようです。
同じく在学中に英検、漢検の取得が義務付けられてます。
さあ、地獄の6年間をどう生き残っていくか見ものです(笑)
2007/03/23(金) 12:48 | URL | pira #-[ 編集]
大谷は六学年で漢コンを年数回行います。のんたんの二級はその副産物みたいなもの。高校在学中に一級を目指すそうです。ご存知だと思いますがセンターの歴史などのように検定をとっているとセンター試験の免除になる科目もありますから馬鹿にできませんね。
2007/03/23(金) 13:03 | URL | つぼ夫人。 #-[ 編集]
英検とっていたら大学の講義も免除とか聞いたことありますね。
長女は安全圏で準2級をとりましたが、やっぱり2級にしておけばよかったと言ってます。
そんなわけでのんたんのマルチな才能におじさんは憧れを抱いてます(笑)
2007/03/23(金) 21:51 | URL | pira #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。