上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
契約、制度、ルール、色々あるが自分の都合の良いように解釈するのはどの世界も共通するものだ。そんな思惑の中でより各球団が納得するよう考えてきたつもりのプロ野球ドラフトだがついにまた問題が発生した。
西武球団の金銭関与により有望な選手二人が金の魔力に負け、自らの人生に傷をつけてしまった。彼らにも責任はあるが傲慢なプロ野球球団の罪は大きい。

逆指名、自由枠、希望枠と変貌をとげてきたこの制度はもともと江川問題が発端で、選手が希望する球団に入りたい、または球団が希望した選手が欲しいというところから始まった。これは各球団は高校生を除く選手を一人確保できる制度で裏でお金が動くことは避けられない。当然高校時代から接触もあり、大学、社会人になるのを待って双方が合意するものもある。今回の事件でアマチュア連盟は希望枠の撤廃を要求したと聞く。当然である。

人気の球団、お金のある球団が優先して有望選手を獲得したらこんな冷めたスポーツはない。野球選手、ましてやプロを目指す大人ならわがままを言わずどこへ行っても野球をすべきではないか。実力をつけFA獲得時に希望球団へ行くなりお金を求めるならまずやることがあるのではないだろうか。球団も安易に楽をせず、選手を一流のスターに育てる使命があるのではなかろうか。

ウェバー式(成績下位のチームから1順指名するやり方)をもっと充実させてどの球団、選手にも公平なドラフトに仕上げていって欲しいと私は願う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。