上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
度重なる企業の不祥事。TOPの会見を見るたびに響くものは無い。
別に涙を流して欲しいのではない。会社に対しても社会に対しても背任行為をした社長連中に共通するのが、人ごとのような態度や開き直りだ。

会見を見ても聴いても不快になるものばかりだ。
信じて働いてきた社員やその家族もやりきれない気持ちで一杯だと思う。ごまかそうと最初に嘘をつき、ばれると知らなかったふりをする。そして最後は雲隠れか逮捕。

次は一体どこのTOPが登場するのか。
内部告発される前に潔く罪を発表できる人は数少ない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
海自補給艦「ときわ」が2002年2月に米補給艦に給油した量が約80万ガロンだと海上幕僚監部の防衛課長が知りながら、政府が、約20万ガロンだとの説明を受けていて、その数字を根拠に自分たちが国会で答弁していたことについて、福田総理はまるで被害者のような言い方をしています。内閣総理大臣としての自覚が足りないと言わざるを得ません。
国民に対してきちんと謝罪をして、原因究明に全力を注ぐのでなければ、ミートホープの社長と同じです。残念ですが。
2007/10/27(土) 19:31 | URL | kom #-[ 編集]
komさん。
これもいわゆる人ごとですね。
総理になれば自分の在任前のことでも不祥事ならば謝罪する。これが当たり前なんですがね。
イラクに油が流れたのは必至でしょう。
2007/10/27(土) 19:50 | URL | pira #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eph.blog89.fc2.com/tb.php/263-7180a64f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。