上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今の仕事に転職して10年とちょっと。ある社長に初めて「お前の顔なんて見たくない」と言われた。
「社長職についてからストレスで心の病にかかってるようだ」と告白されるも、私の商談に応えてくれた。だがその後、納めた機械のことでさんざん文句を言われ今も対応に苦慮しているところだ。

まあメーカーも変わり、新機能が増えればそれなりに使い易い面とそうでない面はどんな商品でもあると思う。出来るだけのことは対応してきたし、自分としての誠意も持って行動してきたつもりだ。しかし最後は感情。歯車が合わなければ「顔も見たくない」になってしまったのであろう。

もともとは温厚な人柄の方だった。しかし病というものがここまで人を変えてしまうのか、または元々の本性が出てきたのか。素人の自分はまるでわからない。こういったTOPの方の病のケースは自分のユーザーでは2件目だ。それほど世の中に広く蔓延してきているのだろう。

そういう私も今年の初めに無気力になり焦ったことがあった。もしかしたらすぐ目の前に心の病が忍び寄っているのかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大きな脳障害の前触れの場合もあります。
実家の父が認知症になる前に、ものすごく人格が変わりました。認知症はそういうことがあるそうです。現在通院していますが、良くはならないそうです。

「鬱」は人格が変わりますが、病院へ行けば薬も出ますし、カウンセリングも受けられます。問題は自分からそれを認知し、病院へいけるかどうかです。そこが難しいですね。
2007/10/13(土) 23:14 | URL | つぼ夫人。 #-[ 編集]
つぼ夫人様。
ご本人は精密検査等行かれると言ってました。
良くなるといいですね。
しかし、受け止めるのも人間。限界はありますね。
さて、来週もよばれることか・・
よばれたときは機械の引き上げでしょう。
2007/10/14(日) 16:28 | URL | pira #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eph.blog89.fc2.com/tb.php/249-a91d91b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。