上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、研修で学んできたのがコーチングだ。
○○をしなさい。とか、○○をやってみろ。というのはティーチングというそうだ。ティーチングだと命令形になるので対象者が自発的に物事を考えたり行動できない場合が多いのだ。

では、コーチングとは。

例えば例を挙げるとして、
「ラジオの音がとてもうるさい、しかし自分は明日までに本を読まなければならない」
この場合あなたなら家族に対してどう言葉を投げかけるだろう?
「自分の部屋でラジオを聴いてくれ」とか「ボリュームを下げてくれないか」などというと思う。
しかしコーチングで重要なのは、
①背景や意図
②具体的な事実と行動
③具体的な影響
④偽らざる気持ち
以上を伝えることがポイントになるらしい。

上に照らし合わせた回答例は
① お父さんは明日までにこの本を読んでしまいたいんだ
②③ ただ、ラジオの音が気になって
④ 困っているんだ
というところまででとめることがコーチング的話し方だという。

ここで最後に「だからボリューム下げて」とか「自分の部屋で聞いて」などと言うと自発的、自主的な行動に移れないので注意しなければならない。

コーチングは数年前から日本ハムの球団で取り入れられたそうで、事実、日本一の球団になったという例がある。是非皆さんも仕事、子育てなどで試してみてはどうだろうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 個人的には、あんまりコーチング的子育ては好きではありません。北海道でもそうですが、コーチング=ディベートの図式が見えます。コーチングでモチベーションが上がるとよく言われますが、個人差があるようです。コーチングをいれた子育ては子供が理論付けを好み、理屈っぽくなりそうで恐いです。

ちなみに 我が家のP様、中学の三年間ディベやっていました。高校に部活が無くて本当によかった。。。
2007/10/11(木) 14:55 | URL | つぼ夫人。 #-[ 編集]
コーチング的言い方。頭ではわかっていても、普段の息子達にはついつい命令口調の私。コーチングが上手くいけばお互いストレスのない生活が!!う~~ん、そんな夢のような子育て出来たら(笑)今日もガンバロっと!!
2007/10/11(木) 17:52 | URL | ゆみかあさん #-[ 編集]
つぼ夫人様。
ディベートばかりでは親も大変ですね(笑)
ただ全てそうなるということではありません。
つぼ家のお嬢さんたちは優秀だからコーチングの必要もないのですよ。

ゆみかあさん。
夢のような新婚生活はあっても、夢のような子育ては難しいですね(笑)
2007/10/11(木) 23:08 | URL | pira #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eph.blog89.fc2.com/tb.php/247-019125d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。