上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来たる9月30日弟子屈町釧路圏摩周観光文化センターにおいて上記式典が行なわれる。
更科源蔵は明治37年弟子屈町生まれ。昭和60年に81歳でこの世を去った。「原野の詩人」と呼ばれその詩の数々は今でも多くの人々に愛されている。
そんな更科氏の作詞による校歌がこの釧路にもある。
「江南高校」「柏木小学校」「大楽毛小学校」「美原小学校」の4校が更科氏の作品だ。かくいう私も「柏木小学校」出身だったが最近まで更科氏の作品とは気がつかなかった。

今回この式典において「柏木小学校」以外の3校が校歌を歌うこととなった。
そして更科氏の作詞、広瀬量平作曲の混声合唱組曲「海鳥の詩」より「オロロン鳥」と「エトピリカ」を私を含む総勢40名の有志で歌うことになった。

多忙の中での集まりのため完璧にまとまってはいないが、指揮の方をはじめ一人一人が更科作品と向き合い頑張って練習をしてきた。無事成功に終る事を願っている。

余談だが私の叔母の家にこの更科源蔵氏直筆の書があった。
叔母の家には温泉が沸いている。その命名をしてくれたそうだ。

20070925223457.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eph.blog89.fc2.com/tb.php/235-a9f50246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。