上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
眼と書いた方がいいのか。目が真剣な人は何事にも熱い。
いつも行く散髪屋にいる若い女性の仕事ぶりには迫力がある。
迫力とは姿ではなく目のことだ。

歳はわからないがきっと我々の社会ではまだ駆け出しの年齢だろう。
条件的にもキツイ仕事だろうが、散髪している時の目が本当に真剣だ。
最近の若い人はとよく言うが、彼女の仕事での目は私も感心する。

よく人の目を見て話せと言われるが私はそれは時と場合によってだと思う。
初対面からそんなに目を見つめて相手に向かうと嘘っぽく思うし、話を聞く立場でなら目を見てもいいと思う。
人間関係が出来た時は逆に目を見て話すのが良いだろう。
反対に黙々と一人で仕事をこなす人はその目が光っているかどうかでその力量や将来性を感じる時もある。

ではこんな事を書いてる私はどうかというと自分の表情はわからない。
きっと自分でその仕事ぶりを見たら恥ずかしい限りだろう。
どんな目でどこを見ているやら。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
考えてみれば、少年期や青年期の輝く目にはもうもどれないだろうな。でも子供時代から人見知りだったから散髪屋さんのような感じはなかったかも。
バカな遊びをしているほうが輝いていたかな?pira氏は今も輝いているよ。おらっちも見習いたいのだが……。
2007/09/23(日) 23:49 | URL | さっぽろ・まさ #FBS4NHfE[ 編集]
難しいですよね。目と目が合うと結構照れてしまう。
やはり話す内容にもよるし相手で変ります。
子供を叱る時は「目を見なさい!」と言ってますが・・・(爆
今でも遊びに目を輝かせている私です。それが一番真剣かもなあ。
2007/09/24(月) 07:56 | URL | うさぴょん #-[ 編集]
まさ殿。
いやいやまさも立派さ。
仕事をしてるときの姿をお互い見てみたいね。
いつも会うときはお互い少年期のままだね(笑)

うさぴょんさん。
何事も真剣なときの目は素敵です。
今度遊んでいる時の目を見せてもらおうかな(笑)
2007/09/25(火) 00:22 | URL | pira #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eph.blog89.fc2.com/tb.php/232-bc1d36c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。