上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「おふくろさん」騒動の川内康範氏の宴が東京プリンスホテルであったらしい。
偶然にも騒動の渦中の森進一もグランドプリンスホテル新高輪でファンの集いを開催したということで何か因縁めいた一日だったようだ。

川内氏は作詞家として「おふくろさん」以外に「誰よりも君を愛す」「君こそ我が命」「骨まで愛して」などのHIT曲を手がけたことで有名だが、「月光仮面」や「愛の戦士レインボーマン」や「正義のシンボル コンドールマン」など60年代から70年代にかけチビッコだった私達が夢中で見た特撮ヒーローの作者でもある。その作品に象徴するように仏教思想が強い思想家の一面も持ってる大きな人物だ。

この記念の宴において川内氏は「欧米にこびる外交ではなく、日本独特の無償の愛を平和の旗印として掲げてほしい」と日本のあるべき姿を説いたということで話題になったようだが、是非今総裁選挙に臨んでいる福田、麻生両氏に伝えてやりたい言葉だと思った。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
福田、麻生両氏は消費税の増税について話していました。
地方では議員削減、議員報酬減額などの処置をしている所が沢山あります。国会議員も増税ではなく、議員賞与を減額しますから、国民の皆さんは安心して下さいと・・・そのぐらいの気持ちで取り組んで頂きたいものです。
2007/09/19(水) 11:44 | URL | kiyohiro #-[ 編集]
kiyohiroさん。
今後子供が増えぬ限り増税はいつかやってくるでしょう。それは仕方がないと思いますが、あまりに不公平というか弱者に厳しい。
日本再生の為にも人口を増やし、自給力も上げて独自の日本の価値を上げるべきでしょう。
自民党の総裁選ぐらいで騒いでいるようじゃまだまだ小さいですね。
2007/09/19(水) 20:56 | URL | pira #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eph.blog89.fc2.com/tb.php/226-977f67bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。