上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安倍総理が辞任した。
たった1年の内閣は一体何を残してくれたのか?
安倍総理というより閣僚の不祥事にくれた1年であった。
「うんざり」この一言に尽きる。

うんざりとは政治家で大臣たる資格を持つ人間がどのぐらいいるのかと思うことと、スキャンダルばかりをはやし立てるマスコミは何なのかということだ。

不正、不公平がまかり通ることは許されないとしても、個人の細かい事を論戦としている風潮もどうかと思う。そんなに人間一人一人が仙人のようなことはあるはずもなく、そんな人が立候補し、私達も選挙に投票している。まあ、一番に悪いのは安倍総理が程度の低い人間を選んでしまったということだろう。

では本人のこの引き際はどうであったのか?
若輩リーマンの私でもわかる。
男なら引き際を誤るなと。見苦しくてしょうがない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今更でしたね~。
またかというほど不祥事が明るみに出たし、もちろん悪いことなんだけどマスコミの取り上げ方も程度が低かった気がします。
2007/09/13(木) 07:31 | URL | うさぴょん #-[ 編集]
うさぴょんさん。
その通り程度が低い、同感です。
政策の穴を指摘するとかなら大いにやって欲しいのですが・・・
毎回スキャンダルばかりではますます政治の本質の関心から離れる気がしてなりません。
2007/09/13(木) 20:52 | URL | pira #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eph.blog89.fc2.com/tb.php/222-d95f0019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。