上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月尿道ガンで亡くなった作詞家の阿久悠氏のお別れ会が10日、都内のホテルで行なわれたようだ。昭和の巨星落つということもあってそうそうたるメンバーが別れを惜しんでかけつけたらしい。
「大人の歌が迷子になってる。」
と生前八代亜紀に語ったと言われているほど、阿久氏の詩には魂がこもっており、子供からお年寄りまですぐに口ずさめるほど完結にまとまっていた。

これまでの作詞家ではまぎれもなく一番にセールスした記録が残っている。とにかくここを見れば一目瞭然だ。
またここも見て欲しい。

偉大な功績を残して尚且つ時代に語り継がれるという点では作詞、作曲家をおいて他にないような気がする。

上記のTOP10にあるように阿久氏が乗りに乗っていた頃は、ピンクレディーが大流行していたころだ。以前の日記にも書いたが中学1年の時、釧路にも彼女達のコンサートがあるとの情報が入り、フリ真似の相棒と仮病を使い学校を早退してチケット買いにいった事を同時に思い出した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 ピンクレディーが流行ったのは高校生の頃。体育館の舞台でみんなで踊っていました。同世代の友人たちも、同じようなことをしていたらしくPTAの飲み会でまだ歌って踊れたりしますね。この歳でも(汗)

 今の歌は長く残る歌は少ないと思いますし、すぐ忘れてしまいます。年齢に関係なく歌い継がれる歌をたくさん作った阿久悠さんはすごいですよね。
2007/09/12(水) 07:37 | URL | つぼ夫人。 #-[ 編集]
つぼ夫人様。
本当に同感です。
私達の懇親会などもカラオケで女性陣が盛り上がってます(笑)

それにしてもミーさんケイさんは今でも美しいです。

阿久さんの歌、今TVで特集してましたね。本当にどれもこれもすごいです。作曲家のコンビの方々も素敵です。
2007/09/12(水) 21:00 | URL | pira #-[ 編集]
ピンクレディは高校生のときによく友人と踊りました。ウィンクより楽しかった。
テレビの特集のほとんどの歌を一緒に口ずさんでいたら旦那に「何でこんな古い歌まで歌える?」といわれました。
いい唄は歌い継がれるんですよね~。
2007/09/13(木) 07:28 | URL | うさぴょん #-[ 編集]
うさぴょんさん。
こんな古い歌こそ歌い継がれているんだと旦那様に言ってやってください(笑)
じゃあ、「五番街のマリー」を今度歌ってもらいましょうかね?
2007/09/13(木) 20:50 | URL | pira #-[ 編集]
実はカラオケデビューの曲です。
私も特集に登場した歌、ほとんど歌えます。
それだけ息の長い名曲ということだと思います。スタンダードと言ってもよいのではないでしょうか。
2007/09/14(金) 00:08 | URL | いちみ #-[ 編集]
いちみさん。
渋い曲でデビューですね(笑)
スタンダードな音楽はどのジャンルも永遠に残るでしょうね。
クラッシックは楽器のみですが、現代は歌詞が入る分ハードルは高いかもしれませんね。
2007/09/14(金) 21:01 | URL | pira #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eph.blog89.fc2.com/tb.php/221-33df20d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。