上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
防衛相の発言が問題となっているが、しょうがないという考え方と、原子爆弾の被害に対しての考えがごっちゃになっていないだろうか?
参議院選挙が近いせいもあって閣僚の行動、発言が大きく取り上げられてしまい、本当に大事なことが議論されていない気がする。

閣僚である以上不用意、非常識発言は慎んでもらうか、もっと頭を使うとか勉強をしてもらうとか、それが出来る人を閣僚にするだとか総理総裁にはきちんとして欲しいのは国民の大多数意見だろう。開き直りの態度も許せなかったが・・・

さてここで大事なことはしょうがない発言の内容だ。
ニュースによると、
<米国の広島、長崎への原子爆弾投下が日本の無条件降伏につながり、ソ連の北海道侵略・占領を防いだと指摘した上で「(原爆で)本当に無数の人が悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で今しょうがないなと思っている」と述べた。>
とある。

確かに「しょうがない」と言う言い方は被爆者に対して失礼な発言かもしれない、また閣僚がこういう発言を公式に話すことはリスクがあるのも当然だ。
しかし場合によってはこういう表現や思いを持っている国民が一人か?というとそうではないはずだ。それだけ歴史認識に未だにばらつきがあり、戦争責任について明確な国としての見解が統一されてないせいであろう。

しょうがないではなくこれは「残念で悲しいこと」等の表現が適切だったかもしれない。
歴史の中身や旧日本軍がしてきた行為がどれだけひどかったか、その行為の対抗策として連合国からの攻撃、原爆を含めた爆弾投下を引き起こしてしまったのを私達は忘れてはならない。
使ってはいけないものとわかり、使ったアメリカも今は反省している人も多い。また使われた国の我々も許したくない心境だが、鉄砲の弾一つで人が傷つき死ぬ行為も本来は許されないことなのだ。当時の日本の国が結論を出し、つど判断していった状況が引き起こした結果が色々な悲しい歴史を作ってしまった事を忘れてはいけないのだ。
だから今の私達が平和を目指すことが重要課題で、決して忘れてはいけないことなのである。

原子爆弾の使用に関しては私はもちろん肯定などしない、こんなことは絶対に許してはいけない立場だ。しかし、今回の問題とは別に、原爆問題に関し言論や表現の自由すら認めない行き過ぎた行為もあると聞く。
どんなことでも似非行為は本当の当事者の気持ちを踏みにじることもある。充分謹んで欲しい。またマスコミも視聴者が誤解するような一語句だけの取り扱は時に無責任ささえ感じるので止めて欲しいと思う。発言の前後で問題は大きく変わるのだから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「諦め」という日本語は「しょうがない」という意味を内在しますが、仏教用語の「諦」は真理を意味します。大臣の発言は、文脈から「それを悲しい事実として受け止めなくてはならない」という意味ですから仏教用語の「諦念」としての吐露だったのは明白です。しかし、「しょうがない」という表現をしてしまった。それでもかまわないのですが、これは誤解されますし、それをマスゴミは狙ったのでしょう。
日本人の多くも、もっと仏教の基礎を学ぶべきです。
2007/07/04(水) 06:40 | URL | kom #-[ 編集]
仏教からきている言葉は多いですね。
米粒ぐらいの貴重な釈迦の骨を舎利ということで、お寿司のシャリの語源になってると聞きました。
2007/07/04(水) 21:46 | URL | pira #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eph.blog89.fc2.com/tb.php/163-d14b5b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。