上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミーとホープの事件が相変わらず問題となっているが、偽装肉の検証TVを見ているとどこでもやってそうな気がしてくる。
その昔「人工いくら」っていうのを聞いてなるほどと思ったことがある。普段と食感があきらかに違うので本当のいくらを知ってる人ならすぐ分かると思うのだが・・・

こうも問題が大きくなるとどうしても先入観というものが問題になってくる。真面目に営業しているところまでがその先入観の対象としてクローズUPされてしまう。

我々の人間関係もそうだ。明らかな真実を確認もせず先入観だけが錯綜する。それはそれで大変危険なことだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「食品の裏側―みんな大好きな食品添加物」という本、読んだことありますか?
コレを読んでいると自分が安心してものを食べるには自分で作るしかない、と思わされます。
偽装って名が付いていなくても何を食べているかわかったモンじゃないと思わされます。
自分で作れないから「作って」もらって、「仕入れて」もらって、「売って」もらってお金をお支払いするのです。
そこには「確認をする」ということができないことが山のようにあります。
信頼しないと暮らせないのです。
正直「どうなっても仕方がない」と思いながら買い物しているのが現状です。

2007/07/02(月) 06:09 | URL | うさぴょん #-[ 編集]
うさぴょんさん。
信頼にあぐらをかいての偽装は許せませんが、信頼を得る為の努力を忘れてはならないですよね。
人間関係も真実をきちんと把握しないと平和な社会はありえませんね。
2007/07/02(月) 22:12 | URL | pira #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eph.blog89.fc2.com/tb.php/161-abed6e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。