上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
携帯電話サービス会社が一斉に新機種を発表した。
進化する携帯。その可能性はどこまで広がっていくのかわからない。
財布も印章もすべて要らなくなる時がくるのか、はたまた出生と同時に身体の一部として割り当たってしまうのか、考えただけでも期待と不安が入り混じってしまう。

中学校に入学した我が二女の学級でまさに携帯電話の所有や利用方法などで問題が出ている。
携帯を持っている児童同士が頻繁にメールを交換する為、自宅学習の集中が途絶えたり、すぐ返事を送らなければ無視ととられたり、切迫感を感じてしまうというものだ。
また持っている児童が持ってない児童に対し親に買ってもらいなと勧誘する問題も起きている。

そもそも携帯電話とは連絡を安易に取るための道具ということが、いつしか玩具となり、コミュニケーションの道具となり、依存しなくてはいけない状況になってきている。相手の親のいる自宅にかける言葉使いも学ぶ事のないまま受話器を握り、そのまま大人へとなっていく。メールという文字列の中に感情を表すことは容易ではないし、肝心な表情を伝えられないことは幼少にとっては危険性が高い。

防犯目的、家族内の連絡用として使う分には私は何も言うことはない、しかし帰宅後のメールの使用はせめて高校生まではやらないほうがいいと思うのが持論である。親が管理していい時期だと思う。持っている親御さんにはその他の外部的危険が伴っていることをここでは割愛するが自覚してほしいと言いたい。

今日、小さな子を持つある母親に聞いた話だが、公園で他のお母さんに話しかけたくても子どもを適当に遊ばせ終始携帯でメールをしている人が多いということを聞いた。これはパチンコ店駐車場での車内幼児置き去りとあまり変わらないのではないかと感じたのだが、皆さんはどう思うだろうか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eph.blog89.fc2.com/tb.php/123-26474969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。