上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
話題の釧路ラーメン→釧路以外での美味しいラーメンに
おなじみの新旭川ラーメン「らーめん山頭火」をUPしました。

このお店、オープン当初はインパクトに残らなかったのですが、
ここ数年のラーメン紀行で私の味の感じ方も変わってきたので
載せました。好き嫌いもあるかと思いますが、興味のある方は
ご参考にどうぞ。

http://www7.plala.or.jp/pira/ からもどうぞお入り下さい。
スポンサーサイト
渡辺淳一氏のエッセイ「鈍感力」がベストセラーになっているようだ。小泉前総理も閣僚問題で引用するなど「鈍感」という言葉を最近耳にする。

今の職場は業績低迷だとか人間関係だとかでナイーブな環境になってきているところもあるだろうし、取引先などからも色々な注文やクレームも多様化しているのではないかと思う。

私は営業をやっているのでより敏感な感覚をもつことが優れていると思っているし、自分の力の限り敏感でいたいと願っている。しかしそれをこの先何年持続できるか正直自信が無い。また、昨年暮れから年が明けた先月ぐらいまで原因不明の気持ちの落ち込みがあったのも事実だ。そんな時聞こえてきた「鈍感力」という言葉。

「鈍感力」とは無頓着と同じなのか?という誤解があってはいけないのだが、自分が強く生きていく為のフィルターを持つということだ。外界での重い出来事や環境を真正面から受けるだけではなく、時には「だから何か?」「で、それがどうした」ぐらいの感覚を持ち、厳しい風当たりに対し負けずに前を向くということだ。

ところで渡辺淳一氏はこれを恋愛に置き換えたら、をエッセイにしている。では恋愛においての「鈍感力」とは?・・・
答えは私も渡辺淳一氏のエッセイを読んで見なければわからない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。