上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日某食品工場のご担当様との話の中で不二家の件の影響を聞いてみた。
ライバル会社が無くなったから業績上がってるかと思ったらそうでもないようだ。むしろ風評被害の感もある。気を引き締めてるとのことだった。

私は担当者に「TVでは裏切られたとか、残念ですと答える人が多かったが私達消費者側にも多少の責任はないでしょうか?たとえば商品はまだ入荷していないのか?とか、これしか品は無いのか?とか、高すぎる!とかの要求も企業を追い詰めてきた要因とも思うのですが」と言うと、「スーパーやなんかでつい後ろの賞味期限が一日二日先の物を手にすることはないですか?あれで何でもない最初の賞味期限の品を廃棄しなければならないのです。お客様にこんなことは言えませんが製造業の私達は買い物の時意識して手前の商品から手にしているのです」と言われた。
なるほど意識してまではなかったなぁと反省した。昔の個人商店とは今は違う。店頭に並んでいるものは手前から。生産者の人たちの立場にも立って心がけたいなと思った。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。