上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日某食品工場のご担当様との話の中で不二家の件の影響を聞いてみた。
ライバル会社が無くなったから業績上がってるかと思ったらそうでもないようだ。むしろ風評被害の感もある。気を引き締めてるとのことだった。

私は担当者に「TVでは裏切られたとか、残念ですと答える人が多かったが私達消費者側にも多少の責任はないでしょうか?たとえば商品はまだ入荷していないのか?とか、これしか品は無いのか?とか、高すぎる!とかの要求も企業を追い詰めてきた要因とも思うのですが」と言うと、「スーパーやなんかでつい後ろの賞味期限が一日二日先の物を手にすることはないですか?あれで何でもない最初の賞味期限の品を廃棄しなければならないのです。お客様にこんなことは言えませんが製造業の私達は買い物の時意識して手前の商品から手にしているのです」と言われた。
なるほど意識してまではなかったなぁと反省した。昔の個人商店とは今は違う。店頭に並んでいるものは手前から。生産者の人たちの立場にも立って心がけたいなと思った。
スポンサーサイト
釧路には大学は2つ。
今から書く内容なら釧路の方ならどちらの学校かはわかるだろう。

ここの駐車場は広く、学生用に2箇所も良い駐車場がある。そして裏玄関前には職員、教授用の駐車場と来客用のスペースがある。

私たち業者は当然来客用に止めるのだが、ここはいつも一杯だ。下手したら空いていないことも。どう見ても業者や来客の車とは思えない車種の車が占領している。昨日も止めたら横のスペースに堂々と学生が停めて行く。

多少玄関から離れているとはいえ駐車場があるのにそこには停めずそこへ停める。ほんの一部の人間だろうがもう何年も前から変わってはいない。

一言彼らに忠告したい。
あんたらそれでどこかに就職するつもりなら無理だぜ。しかもまじめな学生もあの大学出身なのかで終わるんだよ。みんな知ってるよ市内の業者は。
最近CSで放送のアニメ「侍ジャイアンツ」
子供の頃夢中で見ていた記憶があり、この歳になって改めて見ている。

野球漫画ってのはアストロ球団とか巨人の星だとかスケールの大きさが
印象だが、こういうのはもしかしたら後のドラゴンボールとか北斗の拳に引き継がれていったものかもしれない。

ライバルとの死闘の為あみだされる魔球は巨人の星の大リーグボール
どころではない。
ハイジャンプ魔球、大回転魔球、分身魔球などなど。
魔球もさることながら1球勝負の中に込められた熱い根性や闘志なんかが見ているものを興奮させてくれた。
原作の劇画の最終回は主人公が力尽きマウンドで仁王立ちしてこの世を去る。意外と知られていないことだ。

去年の日ハムの優勝は素直に嬉しかったが、このところのジャイアンツの低迷は正直普通のジャイアンツ好きにとっては好きであることを隠しておきたいと思う人もいるのではないだろうか。
ジャイアンツ狂のファンの方には申し訳ないがそこが人気下降の要因だ。

そして私は思う。
今あえてこの時期、侍ジャイアンツをCSで放送している理由を。

選手よ闘志を思い出してくれ!
かれこれ2年近く構想を描いていたリニューアルをやっと完了することが出来ました。
内容そのものが変わったわけではありませんが、細かい部分の変更などかなりのパワーを必要としました。
より見易くといったこだわりと、カラフルで北海道の情報提供を意識したサイトに仕上げたつもりです。
皆様今後もどうぞ宜しくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。